コンタクトレンズと目の健康について

コンタクトレンズを使う上で目の健康のために気をつけることは
MENU

コンタクトレンズを使う上で、目の健康のために気をつけること

おすすめ

 

使い捨てコンタクトレンズはとても便利なものですが、目の健康のためにはメーカーの指示に従い、正しく装用することが大切です。特にソフトコンタクトレンズの場合は、目の傷や病気に気づきにくいものです。これは、レンズの素材が柔らかく、レンズが角膜全体を覆って目の表面で固定されているので、痛みを感じにくいためです。目の病気にかかっていてもわからずに、気がついた時には重症化していたというケースもあります。これらは、正しい使用方法を守らなかったことによることが多いのです。使い捨てコンタクトレンズを使うに当たっては、メーカーの指示通りに正しく使うことが大前提なのです。

 

ワンデーは1日使い捨てなのでお手入れは必要ありませんが、2ウィークなど一定期間使用のコンタクトレンズは、毎晩外したら必ずレンズのお手入れをして汚れを落とすことが大切です。またコンタクトレンズの装用期間はきちんと守ることが大切です。これらのことを守らないと、レンズにたまった汚れなどが原因で角膜に傷をつけたり、結膜炎になったりすることがあります。また、細菌などに感染して、酷い時には失明の危険もあります。面倒くさいからとレンズのお手入れをおろそかにしたり、捨てるのはもったいないからと決められた期間以上装用していると、目の健康を害することになったり、余計な医療費もかかってしまいます。決められた使用方法、装用期間は必ず守ってください。

 

また、処方箋不要のネットショップでコンタクトレンズを購入する場合も、目の健康のためには定期的に眼科で検診を受けることが大切です。自覚症状がなくても、目に何か異常はないか、レンズデータに変更はないか、眼科で調べてもらいましょう。快適なコンタクトレンズライフを送るためには3ヶ月に1回の定期検診が推奨されています。

 

このページの先頭へ