コンタクトレンズ処方箋不要は違法ではないの?

コンタクトレンズ購入時に処方箋不要は違法ではないの?
MENU

処方箋不要は違法ではないのでしょうか

おすすめ

 

ネットショップでコンタクトレンズを購入する際に、処方箋を提出しないのは違法にはならないのかと心配される方もいらっしゃるかもしれません。大丈夫です。違法にはなりません。コンタクトレンズは、医薬品ではなく高度管理医療機器になります。薬事法上、コンタクトレンズ購入の際に処方箋を提出しなくても、違法にはならないのです。実際のところ、コンタクトレンズ処方箋というものはなくて、処方箋と呼ばれているものは装用指示書になります。薬を調合してもらう際の処方箋とは違うのです。

 

ただ、店舗に行ってコンタクトレンズを購入する場合は、処方箋の提出を求められることが一般的なようです。お店に併設されている眼科やお店と提携している眼科で処方箋を発行してもらい、それからコンタクトレンズを購入するというのが通常です。

 

もちろん、初めてコンタクトレンズを購入する方や、ご自分のレンズデータがわからない方、久しぶりのコンタクトで何年も検査を受けていない方などは、正しいレンズデータを知る上でも処方箋を発行してもらうのは必要なことです。ですが、前回の購入から短期間であったり、レンズデータに変更がない時などは、わざわざ眼科に行くのは面倒ですし、処方箋代ももったいないです。

 

販売店が処方箋不要と言っている場合は、処方箋の提出の必要はなく、違法にもなりません。コンタクトレンズのネットショップは通常は処方箋不要です。ご都合の良い時にすぐに注文できますし、お店まで行く必要もありません。処方箋分のお金も浮きますし、コンタクトの価格が激安のネットショップもたくさんあります。即日発送のネットショップでしたら最短で翌日には届くので、お急ぎの方にもおすすめです。

 

もとはいえ、目の健康のため、快適な視界を得るためには、ご自分の目に合ったレンズを使用する必要があります。定期的に眼科へ行って検査をし、レンズデータに変わりがないかを確認するのは大切なことです。

 

このページの先頭へ